質問:
口約束による契約についてお尋ねします。
母が一戸建ての借家を所有しています。その物件が10月いっぱいで空きました。母は空室期間が発生することで心配していたので、たまたま長年の友人が引越しを検討していたのを思い出し、紹介しました。その友人はその物件を気に入り、即入居したいとのことで母もそれを了承しました。友人は、今入居している大家さんにも退去したいとの旨を伝え、12月10日ぐらいには入居する方向で話しを進めています。ところが、前入居者の使い方がかなり悪く、補修およびリフォーム費用に58万程度かかるということで、母が「そんなに費用がかかるなら、そこそこのリフォームをして近々結婚する予定の弟たちに入居させたほうがよかった。」と言い出しました。
もしそうなった場合、友人たちが慰謝料のようなものを請求してきたらこちらは応じる必要があるのでしょうか?
答え:
口頭でも契約は成立します。

物件の状況確認をせずに承諾(口頭契約)をし、期日を決めたのは間違いですね。

リフォームして貸すか、違約金を支払わなければいけません。
補足の質問:
ありがとうございました。母と検討した結果、違約金が発生するのなら今回は予定どうり、リフォームをして友人に貸そうということになりました。この質問・回答は役に立ちましたか?

ウェブサイトのユーザーによる情報ポスト、JPQA.comのない保証の正しさ.

  • 南隣の人から、嫌がらせされて困ってます。今度は屋上...
  • 事業用借地権を公正証書で20年契約している場合、賃借...
  • 東京オリンピックの記念硬貨(100円玉)がありまし...
  • 最近、通り魔や狂った人が悪さをするのをよく聞きます...
  • キャッシングについて教えて下さい。クレジットカー...
  • 先日、横断歩道を歩行していたところ軽自動車に衝突さ...