質問:
確定申告の季節ですが、確定申告をなぜしなければならないのですか?
また、おおまかで良いを聞きますが、本当におおまかで良いのでしょうか?
答え:
確定申告をするのは、年間の支払い税金額を決めるためです。場合によっては、払いすぎた所得税が戻ってきます。

確定申告をする人は以下の人です。
1.個人が、その年の1月1日から12月31日までを課税期間として、その期間内の収入、医療費や家屋の新築・増改築・売買、盗難や火災、寄付、株式の配当などの収支を計算し、所得を確定して税務署へ申告し、所得税額を確定すること
2.法人が、原則として自己の定款に定められた営業年度を課税期間として、その期間の所得を確定して税務署へ申告し、法人税額を確定すること
3.消費税の課税事業者である個人又は法人が、課税期間内における消費税額を税務署へ申告しその金額を確定すること

申告金額によりますが、おおまかで良いということはないかと思います。所得控除のための保険料などは1円単位で記入しますし。
補足の質問:
確定申告のやる意味がわかりました。ありがとうございました!!この質問・回答は役に立ちましたか?

ウェブサイトのユーザーによる情報ポスト、JPQA.comのない保証の正しさ.

  • 高級クラブなどは(ふつうのクラブもですが)、法律で...
  • 知人の甥が就職するにあたり、就職する為に保証人を頼...
  • 携帯電話は何処が1人負けしたのでしょうか?ドコモで...
  • 暴走族の人達が乗っているような車やバイクって、違法...
  • 確か野良猫に餌をやってる人を糞害に苦しむ近隣住民が...
  • 3年以上同棲生活を続けると、法律上の夫婦と認められ...