質問:
国民年金と、厚生年金の違いを教えて頂けませんか?
よろしくお願いいたします。
答え:
厚生年金っていうのは、社会保険が適用になっている会社で働いている人が加入する年金制度です。保険料は大抵、給与から控除されています。働いている人も、養ってもらっている配偶者も国民年金に加入している扱いになる上、将来上乗せの年金がもらえるようになります。

社会保険加入の会社に働いていない人は、60歳までは国民年金の保険料を納めるなり、収入に応じて免除の申請をするなり、厚生年金加入者の配偶者になるなり、何かしらの形で国民年金に加入しなければいけません。
補足の質問:
生きるだけでもけっこうお金がかかる世の中なんですね。。。この質問・回答は役に立ちましたか?
答え:
国民年金は主に自営業や学生が加入しますが、
掛け金は全額自分で納めます。
厚生年金はサラリーマンが主に加入しますが、
掛け金は会社と自分で折半して払いますので
自分の払う金額は安くて済みます。

ウェブサイトのユーザーによる情報ポスト、JPQA.comのない保証の正しさ.

  • BDFを使用した、低公害バス等が、デヴィユーしてる...
  • 実家の会社で経理をしております。私の弟も社員です...
  • 今日、24日期限で「民事訴訟通達管理事務局」からの...
  • 現在大学4年の男です。2、3年前くらいから自宅に...
  • 刑法195条に規定される「裁判、検察若しくは警察の職...
  • クレジット機能付キャッシュカードを2枚持ってる場合...