質問:
プロ野球のドラフト会議が終了しました。今年も意中の球団がある学生や社会人の方を他球団が指名する(強奪)事が起きました。
毎年ある事ですが、そのまま入団すればいいですが、拒否して大学に進学、社会人野球に進むなどした場合、2〜4年間人生を棒に振ります。その精神的苦痛は訴訟を起こせば指名球団から取れるのでしょうか?意中球団があると言っても、希望枠以外では入団したい球団を決められなく、強奪した球団もルールにのっとったやり方ですが・・・
答え:
訴訟は現実的では無いでしょうね。

江川事件で一度ご質問のような疑問が出ました。(憲法の定める職業選択の自由に反するのではないか)

その後,逆指名制度(現・希望入団枠)やFA移籍などが出来たため,今もし訴える人がいても勝訴は難しいと思います。

また,「各球団に就職するのではなく,『日本プロ野球』に就職するのだ」という意見もあります。(つまり新入団選手に球団を選択する権利は元々無い,ということ)

まあそれで勝てるのなら,某新聞社球団が既に使ってそうですけどね・・・。
補足の質問:
実際には訴訟は起こりえないと思いますが、いざ起こった時に多少は慰謝料を払ってあげるべきですね。人生が掛かっているわけですから。この質問・回答は役に立ちましたか?

ウェブサイトのユーザーによる情報ポスト、JPQA.comのない保証の正しさ.

  • カテが不明ですが、 遺産探しの手伝いのメールが届き...
  • 木刀を持って犬の散歩をするのは銃刀法違反になります...
  • 一ヶ月ぐらい前に自転車を盗まれて盗難届けを出してい...
  • 建物共有者の一人が不法行為による損害賠償請求権の時...
  • 人身事故ですが、交差点意外でも『人』対『車』では10...
  • 全く身に覚えの無い請求書が、とても有名なカード会...