質問:
3年以上同棲生活を続けると、法律上の夫婦と認められると聞きましたが、本当でしょうか?
答え:
法律上の夫婦になるためには、役所に婚姻届を出さないといけません。3年以上同棲生活を続けると、「内縁関係」として、法律上の夫婦間に適用される権利や義務が適用される場合があります。例えば、内縁関係を不当に破棄すると損害賠償の対象になります。

ただ、内縁はあくまでも「事実上の夫婦」であって、「法律上の夫婦」ではありません。したがって、相続権などはありません。
他は答える:
法律上の夫婦と認められるといっても、婚姻届を行なった正式の婚姻・夫婦と認められるわけでは
ありません。ただ、近年最高裁はじめ各級裁判所、社会保障および社会福祉制度上、妻を持たない
男性と社会的に見て夫婦同然の社会生活、すなわち事実婚、内縁婚を送っている女性にはなるべく
正式の妻と同様の保護を行なおう、という傾向にあるということです。

いま現在夫婦間の貞操義務・協力義務・扶養義務・婚姻費用分担、および健康保険・国民年金・労
災保険金受給権・交通事故の賠償金受領権などが順次認められ、「正式の婚姻との違いは相続権
の有無だけ」といわれます。法定相続権は認められませんので遺言・遺贈・贈与により対処します。

3年まで待たずとも同居してすぐにでもこれらの状況は生じます。ただし本妻がいる場合は総て認めら
れません。愛人契約は公序良俗違反で無効であり何の権利義務も生じません。妻の座は強いのです。
数十年事実婚で暮らしても夫が他の女性と婚姻届を行なえばそちらが優先します。事実としてはそれ
までの暮らしの慰謝料や財産分割は行なわれるでしょうが、法はあくまで正式の婚姻を保護します。
他は答える:
夫婦と認められるときは、婚姻届を役所に届け、それが受理され、入籍したときだけです。
3年だなんて、誤った情報もいいとこです。

ウェブサイトのユーザーによる情報ポスト、JPQA.comのない保証の正しさ.

  • 年末調整の世帯主について教えてください。旦那は会...
  • 叔父さんのお嫁さん(つまり、叔母さん)のご両親は...
  • NTTに対し住所変更など諸手続きを行っていますが、書...
  • 我が子は身体に障害がありますが、小中学校は介助もな...
  • 急いでます。 財布を落としてしまいました。大事な...
  • 知り合いの親子がアムウェイにはまっています。週に...