質問:
車椅子を利用してる身体障害者が刑事事件で服役した時は、
健常者と違う場所に服役するのですか?
答え:
全国に何ヶ所か、医療刑務所があります。

医療刑務所では、P級と呼ばれる受刑者を中心に収容しています。
P級受刑者とは「身体上の障害により、他と異なる処遇を必要とする者」と判断された受刑者です。

ただ現在、全国的に刑務所は定員を大きく上回る過剰収容が続いています。
特に医療刑務所など、特殊な施設・職員を配置した刑務所は数が限られて来ますので、
障害の程度によっては、通常の刑務所で服役させることになる可能性があります。

車椅子の受刑者をP級と分類して医療刑務所に送るかどうかは、刑が確定した段階で、医師の診断を聞きながら判断します。
他は答える:
この質問・回答は役に立ちましたか?

ウェブサイトのユーザーによる情報ポスト、JPQA.comのない保証の正しさ.

  • 交通事故9:1(私:相手)の物損事故で保険会社同士...
  • 久しぶりに私の山小屋に行ったら私の土地の下を相談無...
  • 借用書に記載する金額の数字は普通の漢字は一、二では...
  • 麻雀でお金をかけると罪になりますが、そのお金のやり...
  • 何度もすいません><クレジット機能付きキャッシュカ...
  • 娘が電車内で痴漢の被害にあいました。相手の弁護...