質問:
裁判員制度で質問です。調べましたら2009年5月までに始まるそうですが・・・

民事裁判でも刑事裁判でも裁判員が参加することになるのですか?

欠陥住宅など専門知識のいるような民事裁判の場合、どうなるのでしょうか?
答え:
とりあえず、
裁判員制度の対象となる事件
代表的なものをあげると,次のようなものがあります。

人を殺した場合(殺人)
強盗が,人にけがをさせ,あるいは,死亡させてしまった場合(強盗致死傷)
人にけがをさせ,死亡させてしまった場合(傷害致死)
泥酔した状態で,自動車を運転して人をひき,死亡させてしまった場合(危険運転致死)
人の住む家に放火した場合(現住建造物等放火)
身の代金を取る目的で,人を誘拐した場合(身の代金目的誘拐)
子供に食事を与えず,放置したため死亡してしまった場合(保護責任者遺棄致死)

法律では
死刑、無期懲役・禁固刑の重大刑事事件
又は、故意に被害者を死亡せしめたとされる事件が
対象です
他は答える:
この質問・回答は役に立ちましたか?
答え:
裁判員制度に関する最高裁判所のホームページをご一読ください(URL)。
詳細かつ簡潔に、分かりやすく解説してあります。

ウェブサイトのユーザーによる情報ポスト、JPQA.comのない保証の正しさ.

  • 私の元彼(10年程前に別れています)は、既に結婚をし...
  • 未成年の飲酒は、飲酒した本人への罰則は無いのですか...
  • 娘が4〜5ヶ月ほど前に店でソファーを買ったのですが...
  • 万引きと間違われて事務室に連れて行かれ、カバンの中...
  • 妻である私から浮気相手に慰謝料を請求しました。浮気...
  • よく、懸賞などで、景品の発送をもって、当選とします...