質問:
未成年の飲酒は、飲酒した本人への罰則は無いのですか?
誰にも知られずに飲んで、あとで発覚しても、誰も罰せられなくなりますよね。
それで良いのですか?
答え:
未成年飲酒禁止法は大正11年に施行され、戦争、お祝いなどで周りの大人が無理やりすすめたようです。
成長期に飲酒すると成育に肉体的、精神的にマイナス傾向があるために立法化されたようですね。現代は、売った業者が罰せられるようですが、本人まで及ばないようです。近年、少年犯罪が増加し、飲酒が原因であれば、飲酒本人の逮捕の立法化になるでしょう。
他は答える:
この質問・回答は役に立ちましたか?
答え:
未成年者飲酒禁止法で罰せられるのは、
未成年者に酒を飲ませたり売ったりした大人、飲酒を知っていて止めさせなかった親権者や監督者です。

まあ目的とする所が違う・・ということでしょうか。

ウェブサイトのユーザーによる情報ポスト、JPQA.comのない保証の正しさ.

  • 建物の明渡訴訟で原告の建物が「家族5人の共有名義(...
  • お店の交通整理のために雇われている警備員のことです...
  • 先ほどキャッシングの件で質問したの者です。現在の...
  • 何で硬貨を変形させただけで罪になるんですか?使え...
  • 離婚調停について質問です。夫が申し立てし、私(妻...
  • 77歳の母にも加入できる障害保険があれば、と思ってい...