質問:
交通事故9:1(私:相手)の物損事故で保険会社同士で手続き中、相手が示談に応じません。理由は、誠意がないとのことです。経過は〇故後、相手に念の為に検査を依頼し医者に行く。全額支払い、自宅まで送る⇒縞菓子箱(3箱)持って自宅へ伺い謝罪M眛、大丈夫か連絡。首が痛いと言われる。検査を依頼し、病院で付き添う(半日)。全額支払い済。その夜連絡があり(レッカー移動代を支払ってくれと言われる)今後は保険会社で話を進めたいと伝え、相手も了承。途中保険会社に保険だけで他は支払ってくれないのかなど相手が言う、法律上支払う義務がないというと、次は誠意がないと言い、再度本人が来るまで示談には応じないと言っているよう。「行く=お金の請求」をされそうです。当初は全て終了後、挨拶に行く予定でしたが、今の心境から行きたくありません。今後どう対応すればいいでしょうか。また、相手が示談に応じないと今後どうなりますか。
答え:
放っとけば?
もう、十分やったし。

時効まで示談に応じなければ、請求権を失いますから事故の補償自体がなくなり、保険会社は今まで支払っていたお金を、今度は被害者に請求してきます。

その前に相手が告訴した場合ですが、それは相手の権利なので止めようがありませんし、しても保険会社の示談条件からは大きく外れる場合はごく稀です。

また、大抵このパターンは「人身事故に切り替える」になるでしょうが、それも相手の権利なので止めようがありません。具合が悪いならそうしてもらいましょう。

貴方は、金品を要求されてもやんわりと断り、示談交渉の窓口は保険会社にしていただくことを諄々と説明するだけです。誠意が金品でしか表せないのは世間の常識ですが、金品要求は強請りタカリなのでそんな言葉を出してきただけの話です。これから電話があっても、無理に出る必要もありませんし、テープに取っておいても良いかもしれません。あくまでこちらは下手に出ながら「保険会社に一任」を押し通すだけです。
補足の質問:
皆さん有難うございました。気持ちが楽になりました。しばらく放っておくことにします。この質問・回答は役に立ちましたか?
答え:
その保険の担当の方の説明不足では?

どういう保険に加入していてどこまで出してくれるのか加入者側もチェックした方がいいですよ。
あくまでも今回の事故では、医療費・通院費・通院に伴う交通費・給料補償ですから。
どこの保険も一緒です。

慰謝料請求は民事裁判になると思います。

示談されないと通院費・給料補償は相手方に支払われません。

謝りに行くのなら、保険の担当の方と一緒に言ってみたらいかがでしょうか?

実は、私も事故に合い 保険の担当の方を変えてもらいました。
一人では病院に行けないので、親族に付き添ってもらったのですが、親族の交通費は出ないそうで、ではどうやって病院に行けばいいのですか?と聞いたら、タクシーで言ってください。・・・との事、立つのもままならないのに自力でいける状態では無いのを認識しているはずなのに…無責任な事を言われてしまい、当初は出ると言っていたものが途中で出なくなるし…。
担当を外してもらい、違う人にしてもらいました。
その際の慰謝料の項目は無く通院費が慰謝料と認識していました。
他は答える:
示談に応じない場合、下記のルートが考えられます。漏れがあるかも知れませんが、大体こんなものかと。

1)示談(和解)不成立⇒調停⇒損害賠償
2)示談(和解)不成立⇒調停不成立⇒民事訴訟⇒裁判上の和解⇒損害賠償
3)示談(和解)不成立⇒調停不成立⇒民事訴訟⇒判決⇒損害賠償
4)示談(和解)不成立⇒民事訴訟⇒裁判上の和解⇒損害賠償
5)示談(和解)不成立⇒民事訴訟⇒判決⇒損害賠償

あなた個人の対応としては、すべて保険会社に任せてあるということで構いません。個人的に応じる必要はありません。

私も物損事故をしたことがありますが、相手に一言謝っただけです。
相手はこちらの対応の悪さに、告訴するだの何だの激怒して電話して来ましたが、「やりたきゃ勝手にやれ」と対応して後は一切音信不通にしました。もちろん告訴などするはずもなく、すべて保険会社が片付けてくれました。
他は答える:
相手が示談に応じないと今後どうなりますか。修理代が未払いになるだけです。保険会社に一任していると言い切る事です。
他は答える:
ご説明の内容では、加害者として十分な誠意を示しておられます。
これ以上の誠意を求める被害者は、明かに金銭目的で非常識です。

被害者の加害者に対する損害賠償請求権の時効は、治療完了後3年を経過すれば、消滅します。
従って、本件はお好きにどうぞ!で放置します。
相手が示談に応じなければ、相手が困るだけのことです。

交通事故110番は、この手の被害者の対応は一切していません。

以上です。

交通事故110番 宮尾 一郎
他は答える:
そこまで対応したのであれば、放置で良いのでは?
保険会社経由で良いので、これ以上は対応できない旨伝え、
あなたにこれ以上過失がないという事なら、裁判に持ち込んでもらい、
裁判所の判断を仰ぐしか方法はないですよね。
上記の旨伝え、放置ですね。

一度電話して聞いてみたら?(もちろん録音ね)
「誠意がないとおっしゃいますが、出来る限りしているつもりです。
具体的にあなたのおっしゃる誠意とはどのようなものでしょうか?」と。

内容が脅迫まがい、金目当てであれば、裁判してもこの録音が
有力な証拠になるでしょうから、電話内容次第では放置ですね。
この電話の時、間違えても払いますや払う意志はある等、
中途半端な回答は絶対にしないこと。
今後確定的な話は、裁判でという事を年頭置いて話しましょう。

ウェブサイトのユーザーによる情報ポスト、JPQA.comのない保証の正しさ.

  • 事業用借地権を公正証書で20年契約している場合、賃借...
  • クレジットカードを作る時、他社での返済状況がキチン...
  • 裁判中の事件については、関係者がコメントしてはいけ...
  • 抵当権のついているマンションの名義を変更することは...
  • 郵便物の受け取りについての疑問です。郵便物に切...
  • NPOに詳しい方教えてください。NPO法人があると...