質問:
友人が住宅ローンを申し込んで来たらしいのですが、全く無知な子で(私も)教えてあげてほしいのですが、某銀行で3000万のローンで35年 金利3.350%(35年間超長期固定金利)元利金等払い 月々10万6千円 と言ってました。これは35年間この金額だけ支払えばいいと思っているらしいのですがどうなのでしょうか?後固定資産税はどの位になるのでしょうか?土地は66坪位・建物は28坪 収入は総支給で500位です。これでわかりますか?もし勘違いなら早く教えてあげたいのです。
答え:
おおよそ住宅ローンだけならそんなもんです。
おそらく某大手都市銀行だと思われますので、ローンに関してはその金額を払えばいいのです。
保証料も込みでしょう。
どうせなら+0.3%で三大疾病+ワイド保障も付けられます。(金融機関によりますが)
そうすると「癌(一部の癌をのぞく)」と告知されたらその後のローンは全て保障されます。
ただ、火災保険は別です。
当然固定資産税も別です。
マンションを購入なら、その金額に加えて管理費、修繕積立金、車をお持ちなら駐車場使用料金などがあり、2万〜3万程度加わります。
それは物件によって様々です。

察するところ御自分でも申されていますが、あなたもあまり御存じないようです。
友人に教えると言っても、正確な情報を伝える事が出来ないなら止めたほうがマシです。
あなたの中途半端なその一言で、友人の人生が変わる事だって有り得る内容です。
あなたが教えてあげるなら、まずそのあなた自身が正確な知識を身に付けることです。
他は答える:
住宅ローンに関しては、それが支払いの全てです。

確認が必要なのが、信用保証料や強制加入の火災保険料の有無。
これらは、金利に含まれているケースもあります。

他に、どうしても必要な費用として、
取得時にかかる不動産取得税(県税)と、
毎年かかる固定資産税(市町村税)があります。
税額算出の基礎となる評価額は、実際の取得価格とは違いますので、
いくらくらいになるかは何ともいえません。

反対に、税金が安くなります。
所得税の計算で、毎年年末現在のローン残高が計算から除かれます。
一般的な収入の人で、年間で残高の10%分安くなるとお考えください。
住宅取得控除といいます。

最初の年は税務署に確定申告して還付を受ける必要がありますが、
翌年からは、会社で年末調整としてやってもらえます。
他は答える:
35年間全期固定金利なら毎月10万6千円払っていけばいいです。

固定資産税は最初の3年は優遇され安くなりますが、4年目からは正規の
固定資産税になります。税額は土地の評価価格が解りませんので正確な税額は解りませんが、10万〜20万位でしょう。
他は答える:
シミュレーションしてみますと少し金額が違うようです。ボーナス払いがあるのでは有りませんか?(URL参照)

住宅取得時には登録免許税など登記費用と不動産取得税がかかります。これらは不動産業者がキチンと教えてくれるはずですので、良く聞きましょう。
他は答える:
住宅ローンの支払いはその金額だけでしょうけど、他に諸費用、引越し費用、家具、固定資産税、保険、修繕費用その他がかかります。固定資産税は税務署に問い合わせたらいいです。住宅ローンは最大の金食い虫ですから、計画的にやらないと専門URLのお世話になってしまうでしょう。友人にこの回答をみせてあげてくださいね。

ウェブサイトのユーザーによる情報ポスト、JPQA.comのない保証の正しさ.

  • 麻雀でお金をかけると罪になりますが、そのお金のやり...
  • いらずら電話をすると犯罪らしいですが、ピンポンダッ...
  • 新婚ですが性の不一致で離婚します慰謝料もらえるでし...
  • 教えて下さい!!ケータイを無くしてしまったよう...
  • 10年も前に祖父が亡くなり、相続も済みました。そ...
  • いじめ問題についてですが、被害者は、暴行罪、傷害...