質問:
ここのカテゴリで たまに「友人知人にお金を貸して返ってこない」と
いう相談の質問投稿を見かけます。

私は 前職が貸金業で、債権回収(主に法的手続きをとるための書類作成と
申立てまで)を仕事としていたことがあります。

お金を貸すことを生業としている人間たちですら
全額回収は不可能で、年間 かなりの額が「貸し倒れ」「こげつき」となって
いるのに、一般の人たちは何故、安易にお金を貸していてしまうのでしょう。

あとで「返してもらえない」と相談するくらいなら、はじめから
貸さなきゃいいのに・・・。
結局はお金の貸し借りのトラブルで人間関係はこじれることになるのに・・・。
と思うのですが、なぜ、それでもお金を貸すのですか?
(親、兄弟間での借金についての質問ではありません)
答え:
人間の弱い部分だと思います。
自分の知ってる人が、困窮していたら、人情として、貸してしまいがちです。
自分がよく見られたいとかじゃなく、人は、困ったときに助けたりします。
それは、相手を信用してしまうからです。
約束として、借用書とか、書いても、払ってもらえなかったとき、初めて
疑うのです。最初から、疑う人には、お金を貸すような事はしないはずです。
よくよく考えて、貸すときは、あげてもいい金額にするといいと思います。
貸しても、殆ど、その人のためになりません。
情けは、人のためならずです。
他は答える:
この質問・回答は役に立ちましたか?
答え:
それはここのカテゴリですべき質問じゃないよね。
人間関係の問題ですよ。

ウェブサイトのユーザーによる情報ポスト、JPQA.comのない保証の正しさ.

  • 泊まったホテルから自宅に荷物を送りたいと思うのです...
  • 知人にお金を貸して、借用書があるのですが、その知人...
  • 暴走族の人達が乗っているような車やバイクって、違法...
  • 相続財産はプラスの財産でもマイナスの財産(負債)で...
  • 駐車禁止の場所とそうでない場所ってどうやったら知る...
  • クレジットカードの裏の署名欄。色々調べると、海外で...