質問:
離婚することになり、来週に調停を控えています。親権問題です。8歳と6歳の女の子がいます。次女は「絶対にママ」長女は、どちらでもいいが出来れば転校したくないとのことです。離婚後の養育環境は、夫側は転校を伴わない場所で子供と3人で生活。夫自身も自営で時間の都合がつくのと、近所に夫の両親がおり、育児には母親の協力が得られます。妻側は実家へ戻り両親と同居。子供は転校しなくてはいけません。8歳ともなると子供の意見が尊重されるのでしょうか?逆に次女の意見は幼いからと参考にはしてもらえないのでしょうか?子供が幼ければ母親が有利だと思うんですが、うちの子達の年齢では微妙な気がして・・・
答え:
15歳未満の子の意見は尊重されません。
子どもの年齢と親権者

0歳〜10歳
衣食住全般にわたって子どもの面倒を見なければならないので、母親が親権者になる例が多い。
10歳〜15歳
子どもの精神的、肉体的な発育状況によって、子どもの意思を尊重するとの取り扱いがされています。
15歳〜20歳
子どもが自分で判断できるので、子どもの意思を尊重します。
20歳以上
20歳を過ぎれば、親権者の指定の必要はありません。
※子どもが万15歳以上になっているときには、家庭裁判所な子どもの意見をきかなければならないことになっています。
URLより引用

確かに転校を伴うのとそうでない事は、お子様にとって大きな事かもしれませんが、それは一時的なこと。
要は長い期間(子供が成人するまで)の環境がどうかという事です。
よっぽど母親に問題が無い限りは、母親が親権者になれるでしょう。
育児放棄、虐待などが無い、もしくはその可能性がなければ。
補足の質問:
ありがとうございました。とても勇気づけられました!この質問・回答は役に立ちましたか?

ウェブサイトのユーザーによる情報ポスト、JPQA.comのない保証の正しさ.

  • こんなことを質問するのはいけないのかもしれませんが...
  • 警官と職務質問のときにいざこざになり、私はその当時...
  • 未成年の飲酒は、飲酒した本人への罰則は無いのですか...
  • 自分は成人してますが、童顔で、よくゲームセンターな...
  • ◎私の質問は、初めてなのですが、皆さんの意見を聞き...
  • 我が子は身体に障害がありますが、小中学校は介助もな...