質問:
知人の甥が就職するにあたり、就職する為に保証人を頼まれました。実印の捺印と印鑑証明が必要との話でした。就職の保証人でも印鑑証明まで必要なのでしょうか?
答え:
身元保証人として身元保証書に実印を押し、印鑑証明書を添付しろという事だろうと思います。
過去の質問(下記1)でも、同様の質問が沢山ありますので、割とポピュラーな要求なのでしょう。

民事訴訟法上、保証書の成立の真正は、保証書のサインか実印の対照で証明する(民事訴訟法
229条・下記2)事になりますが、保証人に会社に来てもらって免許証等で本人確認をして目前で
サインさせる訳にもいかないので、採るべき方法は、実印押印+印鑑証明書添付という事になり
ます。
(そこまでギチギチと、要求しない、という会社の方がずっと多いのでしょうが。)
補足の質問:
参考になるご意見をありがとうございました。
この質問・回答は役に立ちましたか?
答え:
金がらみの損害賠償の保証人ですから、実印を押印し、印鑑証明を提出するのが普通です。
他は答える:
私も 保証人になりましたけど 印鑑証明までは要らなかったです。
実印も・・・?普通の印鑑だったと思いますよ!
必ず 書類に目を通してから 押したほうがいいでしょう。

ウェブサイトのユーザーによる情報ポスト、JPQA.comのない保証の正しさ.

  • 先日、バイクに乗っていて、左折の巻き込み事故に合い...
  • 原付を弟に貸しました。その弟が駐車違反をしました...
  • 以前は他人のペットを殺した場合、器物損害罪になって...
  • 私道の利用制限に関しての質問ですが、我家は袋小路の...
  • 手袋は手にかぶせるから手袋でしょう?靴下はなぜ靴...
  • 知人が歯を矯正したいと言ってます。しかし彼女は去...