質問:
知人が 連帯保証人になり 自分の借金も多額なことから 民事再生に踏み切ったようです。
弁護士さんへも相談にいき たくさんの書類をもらってきたようです。

借金や自分の財産(家、車など)を書き出すようなのですが 知人は ちょっと前に交通事故に遭い 入院していたこともあり 手続きをすれば 慰謝料などが入ってくるようです。

この場合の 慰謝料は 財産として計上しなくてはならないのでしょうか?
また まだ 示談していませんが 早めに示談すべきなのでしょうか?

よろしくお願いします。
答え:
あなたの知人は、
交通事故の加害者に対する損害賠償請求権という債権を持っています。

債権だって立派な財産ですから、
民事再生の際にも申告することが必要になるでしょう。

早めに示談すべきかどうかは、
相談された弁護士が判断することですね。
補足の質問:
お二方に BAを差し上げたかったです。 早速 知人に伝えます。 ありがとうございました。この質問・回答は役に立ちましたか?
答え:
計上することになると思います。弁護士に依頼しているなら弁護士に相談したらいいし、連帯保証人はURLにある猫次郎先生が合法的裏技にも強いです。この回答を知人に見せてあげてください。

ウェブサイトのユーザーによる情報ポスト、JPQA.comのない保証の正しさ.

  • 朝から「ひよこ饅頭」を食べました。商品名には 「ひ...
  • 女刑囚が服役中に出産した場合、生まれた子供の戸籍は...
  • クーリングオフの制度は契約日が起算日になるのか受け...
  • 原付のウィンカーが調子悪くて走行中は、点灯しますが...
  • かなり当たり前の話かと思われますがお金を貸した人が...
  • 東京オリンピックの記念硬貨(100円玉)がありまし...