質問:
「犯罪の時効がきまった」とはどういう意味ですか?????????
答え:
質問者さんの言われる「時効」とは、
「犯罪を犯しても一定期間公訴されなかった場合に以後処罰することができなくなってしまう制度(公訴時効:刑事訴訟法250条以下)があり、この制度である「公訴時効」が成立した」ということです。
その本人が犯罪を犯したことが明らかであっても、処罰されません。

「きまった」っというのが不明確ですが、通常は犯罪行為時から一定期間経過すれば、時効は完成します。
ただし、国外逃亡などしている場合は、この期間が算入されません(同法255条)。パスポート等の出入国記録から、その期間を加算しても「時効が成立した」という意味と思われます。


【刑事訴訟法参照条文】

第250条 時効は、次に掲げる期間を経過することによつて完成する。
一 死刑に当たる罪については25年
二 無期の懲役又は禁錮に当たる罪については15年
三 長期15年以上の懲役又は禁錮に当たる罪については10年
四 長期15年未満の懲役又は禁錮に当たる罪については7年
五 長期10年未満の懲役又は禁錮に当たる罪については5年
六 長期5年未満の懲役若しくは禁錮又は罰金に当たる罪については3年
七 拘留又は科料に当たる罪については一年


第253条 時効は、犯罪行為が終つた時から進行する。
2 共犯の場合には、最終の行為が終つた時から、すべての共犯に対して時効の期間を起算する。

第254条 時効は、当該事件についてした公訴の提起によつてその進行を停止し、管轄違又は公訴棄却の裁判が確定した時からその進行を始める。

第255条 犯人が国外にいる場合又は犯人が逃げ隠れているため有効に起訴状の謄本の送達若しくは略式命令の告知ができなかつた場合には、時効は、その国外にいる期間又は逃げ隠れている期間その進行を停止する。
他は答える:
「『犯罪』の『公訴時効』が『成立』した。」という意味です。
『殺人』のばあいは、『25年』です。(以前は『15年』でした。)

ウェブサイトのユーザーによる情報ポスト、JPQA.comのない保証の正しさ.

  • コンビニのATMでも通帳へ記帳できるのですか???無...
  • 病院、医師での、医療過誤(誤った治療、誤診・誤薬投...
  • 公共料金などの口座引き落としは、どのようにして口座...
  • 新婚ですが性の不一致で離婚します慰謝料もらえるでし...
  • 食べ物など各地域にいろいろな名前などがありますが、...
  • 難病や、現在の医療では完治する見込みの無い病気を持...