質問:
民事訴訟をおこされており
第一回口頭弁論についてお尋ねいたします。

私は、原告の顔すら見たくはないので、第一回口頭弁論は欠席するつもりです。
書記官に答弁書を提出すれば陳述したとみなされると聞いておりますが、
事前に書記官に欠席する事を伝えておくべきなのでしょうか?
別に伝えておく必要もないのでしょうか?

また、欠席することによって裁決に影響いたしますでしょうか?
欠席する理由も問われるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。
答え:
第1回口頭弁論期日に限り、答弁書に記載した事項については、陳述擬制が働きます(民亊訴訟法第158条)。

書記官への連絡の有無・欠席理由の内容如何を問わず、陳述擬制の効果は発生します。

但し、欠席の場合においても、訴状に記載された事項を答弁書で明らかに争わない場合には、自白が擬制されます(民亊訴訟法第159条第3項)。

第2回口頭弁論期日以降は、陳述擬制は働きません。

よって、第1回口頭弁論期日に欠席すれば、陳述擬制以外の新たな主張はできず、第1回口頭弁論期日において、裁判官が判決の機に熟したと判断すれば、第2回口頭弁論期日が指定されず、判決(原告勝訴判決)が出る可能性があります。

民亊訴訟法第158条(訴状等の陳述の擬制)
原告又は被告が最初にすべき口頭弁論の期日に出頭せず、又は出頭したが本案の弁論をしないときは、裁判所は、その者が提出した訴状又は答弁書その他の準備書面に記載した事項を陳述したものとみなし、出頭した相手方に弁論をさせることができる。

民亊訴訟法第159条(自白の擬制)
‥事者が口頭弁論において相手方の主張した事実を争うことを明らかにしない場合には、その事実を自白したものとみなす。ただし、弁論の全趣旨により、その事実を争ったものと認めるべきときは、この限りでない。
∩蠎衒の主張した事実を知らない旨の陳述をした者は、その事実を争ったものと推定する。
B茖厩爐竜定は、当事者が口頭弁論の期日に出頭しない場合について準用する。ただし、その当事者が公示送達による呼出しを受けたものであるときは、この限りでない。
補足の質問:
nobumicchan様、auction_daijun様、ohnogi4384様
ご回答いただきましてありがとうございました。
仕事をしながら、裁判の準備をするのは辛いものです。
皆様のアドバイス感謝しております。この質問・回答は役に立ちましたか?
答え:
詳しくは弁護士等に相談されるべき案件だと思います。

一般に答弁書のみの提出でも構いませんし、書記官に欠席する旨を伝えたほうが裁判はスムーズでしょう。
書記官に答弁書を送達するときに欠席する旨を伝えてはいかがでしょか。

欠席による影響ですが、「ない」とはいえません。
というのも欠席するということは、質問者が「答弁書以外の反論」を拒絶したものと解されます。
また、答弁書に関連した尋問もできませんので、原告側のペースで進むことになります。
もちろん、次回以降反論できる可能性はありますが、危険であるといえるでしょう。

感情的な「見たくない」ということだけで裁判に欠席することは、
相手の主張を(答弁書記載以外のことについて)全て認めるとも解されるため危険です。
裁判官に公正に判断してもらうため、質問に答えられるよう、出席することをお勧めします。

何らかの事情で出席できない場合は代理人(弁護士)にまかせて、行うことは可能です。

法テラスのURLを貼り付けておきますので、きちんと専門家に相談されることをお勧めします。
他は答える:
>事前に書記官に欠席する事を伝えておくべきなのでしょうか?

弁護士経由で裁判所にその旨伝えた方が良いでしょうね。

ただ私の過去の経験から言えば、嫌でも出るべきです。
裁判官も人ですし、心象は判決にも左右しますからね。
最初から最後まで弁護士任せの人もいますけど、
企業でない限りは好ましい対応とは言えません。

ウェブサイトのユーザーによる情報ポスト、JPQA.comのない保証の正しさ.

  • 「カナダ生まれ」の「ミャンマー人」というのは、「カ...
  • 初めて利用させていただきます。5月に現在の勤務...
  • 年賀ハガキを買いにいった時、ふと気になったのですが...
  • 事業用借地権を公正証書で20年契約している場合、賃借...
  • ある罪に問われ罰金刑が来ました。半端な額では在りま...
  • アダルトサイトの入り口をクリックしたら、4万円を請...