質問:
今年11月14日の読売新聞(首都圏版)の朝刊に、NHKは、受信料の訪問集金を廃止(はいし)する方向で、検討を始めた。
2007年度の事業計画に盛り込む。新規契約を対象とし、既(すで)に、訪問集金を受けている契約者に対しては、口座振替などへの移行を順次、働きかけていく。
なぜ、NHKが、受信料の訪問集金を廃止する具体的な理由は、何ですか?
皆様、NHKの訪問集金の廃止について、どう、思いますか?
答え:
コストのかからない集金方法に変更する事で、契約収納業務費の大幅な削減を目指す。
一昨年の不祥事以降、訪問集金の件数は、増加傾向にあるため、昨年度の契約収納業務費は、370億円に達し、口座振替手数料などを除いた人件費は、その7割を占めている。
NHKではこれまで、口座振替など支払う際の受信料額を、訪問集金の場合より安く設定し、口座振替などの移行を促(うなが)してきた。しかし、「公共料金も自動引き落としが当たり前。戸別に集金するのは、時代にそぐわない」という判断から、廃止に踏み切る事になった。
補足の質問:
NHKの不祥事発覚以降、受信料の不払いが急増。不払い・未契約者対策とともに、経費削減が急務となっている。いい勉強になりました。ご意見・ご解答を寄せて頂いた方々、ありがとうございました。この質問・回答は役に立ちましたか?
答え:
集金の人件費の削減。
最近、受信料が減っているので、
ちょっとでも、裏金の確保。

ウェブサイトのユーザーによる情報ポスト、JPQA.comのない保証の正しさ.

  • 日本の法律ではミドルネームを持つことはできないので...
  • 私道の利用制限に関しての質問ですが、我家は袋小路の...
  • 離婚後の姓についてお知恵を下さい。子どもはいま...
  • 民事訴訟を起こす場合ですが、裁判の費用はどのくらい...
  • 720mlの焼酎を6本くらい人に送りたいのですが、割れな...
  • 被扶養者の意味を教えて下さい。、、、、、、、、、、...