質問:
独占禁止法の中で、
例えば、
フランチャイズ契約時に加盟を検討してる人間に対して、
FC本部が美味しい話ばかりを言って、
加盟店を増やし、
実際の話と違う内容を加盟店に伝える(違法)行為を、
独占禁止法の何と言うかをご存知の方は居ますか?
答え:
〉独占禁止法の何と言うか
ものすごくいい加減な質問……。

独禁法には「不実告知」はないですね。
他のフランチャイジーになっていた人をそうやって誘ったのなら、「不公正取引方法」の「ぎまん的顧客誘引」(独禁法2条9項3号・19条・「不公正な取引方法」告示)になりますが。

公取委にもサイトがあるんですが。
他は答える:
この質問・回答は役に立ちましたか?
答え:
独占禁止法になりません。
独占禁止法の基本は自由競争の防止です。

>美味しい話ばかりを言って、加盟店を増やし...

増やしただけでは売り上げには関係ないですよね。
各店舗の売り上げが上がるか否かは努力次第。
よって独禁法には抵触しません。

一度、独占禁止法を理解された方が良いと思います。

ウェブサイトのユーザーによる情報ポスト、JPQA.comのない保証の正しさ.

  • 運転中の携帯使用が禁止となり罰則の対象になっていま...
  • 質問します。所有しているビルを売却する場合、所有者...
  • サッカーの中田と女優の宮沢りえがキッスしていた問題...
  • ずいぶん前の事なんですが・・・お店が何件か並んで...
  • 『民事の損害賠償額が140万円を超える場合は、必...
  • 弁護士を相手取って訴える事は出来るのですか?難しい...