質問:
敷金トラブルで自分で小額訴訟を起こすのは、技術的に難しいでしょうか??
答え:
本人訴訟が前提なので、比較的簡単に提訴することができます。
わずか1日間で判決が出るのがメリットです。
しかし、被告が普通裁判に移行の主張をすれば原告の意思とは関係なく普通裁判に発展します。陰湿な相手だとこの手法で話を引き伸ばすことをする輩がいますので注意が必要でしょう。
補足の質問:
ありがとうございます!この質問・回答は役に立ちましたか?
答え:
難しくはありません。元々少額訴訟手続きは本人訴訟を前提に制度化されたものです。
ただ実際には、事前に弁護士か認定司法書士に相談して手続きの段取りを聞き、解決
に向けての心積もりをしておいたほうがよいでしょう。

ウェブサイトのユーザーによる情報ポスト、JPQA.comのない保証の正しさ.

  • 敷金トラブルで小額訴訟をします。説得材料として資...
  • お恥ずかしい話ですが・・・本日、弁護士事務所に行...
  • 先月初めに過失10の追突事故を起こしてしまいました...
  • お店の交通整理のために雇われている警備員のことです...
  • クレジットカードを作る時、他社での返済状況がキチン...
  • 不貞行為の裁判でも例えば一千万請求して相手方が...