質問:
二つ教えていただきたいんですが、判決文に「150万円と年5分の金員を支払え」と書いているんですが、それは複利ですか単利ですか。それと1ヶ月経っているんですが相手弁護士から何も言ってきません、今後どのようになるのでしょうか?
答え:
「債権150万円」+「完済までの間、150万円から支払った部分を除いた残高に対して年5%の割合の遅延損害金」を払えという事です、

単利です。

30日後に100万払った場合に、60日後に残りを払うとすると、いくら払えばよいかといえば、
150万円×5%×30日÷365日=6164円
ですから、30日目に損害金6164円と元々の債権993836円に充当されます。
31日目から60日目までの損害金は、
993836円×5%×30日÷365日=4084円
で、元々の債権の残額506164円とで合計510248円を払えば、「耳をそろえて返した」事になります。(民法491条)
(訴訟等の「費用」があれば、そちらに真っ先に優先充当されます。)


相手側に「どうしても払わせる」気があり、あなたの資産(不動産・めぼしい動産・債権〔預金・給与・売掛金など〕)を見つけられれば、「差押」→「競売」(動産・不動産)・「取立て」(債権)という事になります。
他は答える:
年5分の金員とは民法404条の法定利率で
1,500,000円×0.05÷365日×日数で計算され単利です。
弁護士から何も言って来ないのであれば貴方から連絡をすればよい事です。
待ちの対応では何事も進みません。
他は答える:
民法405条の規定により、期限から1年以上を経過しており、相手が請求してきた場合は複利計算されます。

判決が確定した場合は、あなたの方から連絡をとって支払方法を決めたほうが良いです。
向こうにしてみれば年率5%の有利な資産運用ですから、長引いた方が得なのです。
(確定判決の時効は10年ですぞ)

ウェブサイトのユーザーによる情報ポスト、JPQA.comのない保証の正しさ.

  • 刑法195条に規定される「裁判、検察若しくは警察の職...
  • 車に貼り付ける若葉マークの向き、位置、枚数などに決...
  • NHKの受信料滞納のはがきがきた場合、支払いをしな...
  • 子供を自転車で保育園に連れて行く途中、車に引かれそ...
  • 何で硬貨を変形させただけで罪になるんですか?使え...
  • 『民事の損害賠償額が140万円を超える場合は、必...