質問:
敷金トラブルで小額訴訟をします。
説得材料として資料を用意しようと考えています。
国土交通省のガイドライン、民法606条、他に何かいい材料はありますか?
答え:
あとは判例ですね。最高裁の判例。

「民法判例百選」などで、敷金に関する判例で、自分の主張に沿うような判例を図書館や最高裁のHPからプリントアウトするといいでしょう。

法律の業界の実務は、全部最高裁の判例を中心に動いています。

その辺の訴訟指揮は、弁護士、司法書士等専門家に相談してみたらいいと思います。行政書士は少額訴訟は出来ませんが、法的なアドバイスぐらいは許容範囲だと思います。
他は答える:
この質問・回答は役に立ちましたか?

ウェブサイトのユーザーによる情報ポスト、JPQA.comのない保証の正しさ.

  • ここのカテゴリで たまに「友人知人にお金を貸して返...
  • 身に覚えのない、カードの請求で困っています。使用...
  • 戸籍上 夫婦であるのに 戸籍上 住民票が別な場合があ...
  • 私は30代女性です。ある事件で絶対に犯してもいない...
  • よく、懸賞などで、景品の発送をもって、当選とします...
  • 昨日交通事故に合いました。ぶつかったのが交番の近く...