質問:
任意整理のメリットとデメリットを教えてください。お願いいたします。
答え:
【任意整理(和解)のメリット】
裁判手続ではないので、官報に記載されることもありません。
任意整理には裁判手続きにかかる時間や費用がかかりません(但し、処理が定型的でないため、かえって裁判手続きより時間や費用がかかる場合があります)。

任意整理ならば、弁護士が介入しても債権額を減額できない場合や、弁護士が介入することで、勤務先に知られてしまう、人間関係に悪影響を及ぼす場合等、依頼者の方の希望により、会社借入、親族・知人借入、保証人がついている債権者については依頼しない等、柔軟な処理が可能です(例えば、消費者金融からの借金だけ整理して、親族には返済を続けるということが可能)。
一部の債権者には介入しないこともできます。
また、金利の高い債権者にだけ介入し、月々の返済額の負担を軽減することができます。

任意整理ではすべての債務が返済されるまで、各債権者への返済は、弁護士等が代行しますので、今までの債権者毎への返済のわずらわしさから解放され、計画的な返済が可能となります。

【任意整理(和解)のデメリット】
任意整理に応じない債権者がいる等、和解交渉がスムーズに進まないことがあります。

任意整理は、裁判手続である破産・免責手続、個人民事再生手続のように、借金の全額もしくは一部を免除されるわけではありません。
つまり、利息制限法に基づく引き直しの範囲でしか、借金を減額することができないため、裁判手続による債務整理より減額率が低くなります。
他は答える:
URLにある多重債務脱出に詳しくあります。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ウェブサイトのユーザーによる情報ポスト、JPQA.comのない保証の正しさ.

  • 離婚について質問です。離婚したがっている友人から...
  • 高級クラブなどは(ふつうのクラブもですが)、法律で...
  • 今、車を走らせていたら、前の車の運転者が投げタバコ...
  • こんばんは。教えて下さい。m(__)m先日、...
  • 数年前の未使用の年賀状が沢山あります。オークション...
  • 友達が小さな店ですが社員として働いていました。給...