質問:
当たり屋に遭ってしまった。
先日、友人の弟が 正に当たり屋的な人間に因縁を付けられ困っています。状況はこうです。地元の本屋に行ったとき、通路に座り足を投げ出し立ち読みならぬ座り読みをして居る一見してどこかおかしい男が居て、当然皆避けて通っていたので、その弟もよけて通ろうとした時に「足が当たったと」因縁を付けられ精神異常者様に向かって来たため、店内では迷惑がかかると思い店の外に誘導し地面に押さえ付けて警察を呼んだ処、そいつは逆に暴行を受けたとして警察に被害届を出し、メガネ・腕時計の修理代/ケガの治療費などの名目で法外な金額を請求してきたとの事です。警察に事の顛末を説明しても親身になって聞いてくれないとの事でした。その男から再三電話がかかって来るようになり、「早く払わないと代理人とか弁護士に取りに行かせる」などの脅迫とも取れるようなものらしいのです。是非お知恵をお貸し下さい。
答え:
いわれの無い金員の要求なので、
電話内容を録音し、恐喝に該当する文言を保存しておきましょう。

それを元に検察に告訴してはどうでしょう。

それ以前に、
先方の被害届は、
どのように進行しているのかも気になります。

まぁ、不起訴なんでしょうけどw
他は答える:
この質問・回答は役に立ちましたか?
答え:
こういう人間にはどんな組織がバックについているかわかりません。
また慣れてますね。厄介な相手です。
この弟さんの住所も相手方にすでにバレているでしょう。
対応次第で何をされるかわかりません。
こういう場合、警察も法律も守ってはくれませんし
守りきれません!!

相手の要求に応じたほうがいいでしょう。
ただあまりにも法外な金額であれば、
「ここまでなら出せます」と限度を伝えましょう。
相手だって、心に傷を持つ身でしょうから、
それで手を打ってくるのでは。

その弟さんも最初に素直に謝罪しておけば済んだ話でしょう。
店外に連れ出して、地面に押さえつけた、のはやはり問題でしょう。
過剰防衛ですね。ハメられたのかもしれませんね。

社会勉強ですね。
これからは、揚げ足を取られないようにしなさい、ということです。

嫌な世の中ですが・・・。

ウェブサイトのユーザーによる情報ポスト、JPQA.comのない保証の正しさ.

  • 自分の家の2台分の駐車スペースのうち1台分を、会社...
  • こんなことを質問するのはいけないのかもしれませんが...
  • 敷金トラブルで小額訴訟をします。説得材料として資...
  • 敷金返還トラブルで小額訴訟をします。私は借人です。...
  • 条文 民法606条(賃貸物の修繕等)1項賃貸人は、賃...
  • 親戚がヤミ金からお金を3万借りて、利息が毎週170...