質問:
昔は民事裁判を起こす場合、
原則(不法行為が場合は、不法行為のあった場合の裁判所)として、
被告側の最寄の裁判所で裁判をする事になってたみたいですが、
現在もその制度はまだあるのですか?
ちなみに、
原則からもれるのは、
前述した不法行為だけですか?
答え:
民事訴訟における管轄は、民事訴訟法第4条に原則が規定され、第5条以下に例外が規定されています。

訴訟は被告の住所地を管轄する裁判所に提起することが原則です。
これは、昔から変わっておりません。

財産権上の訴えについては、義務履行地を管轄する裁判所に提起することができますし、不法行為に関する訴えについては、不法行為があった地を管轄する裁判所に提起することができます。

これ以外の例外については、第5条以下を御覧下さい。
他は答える:
この質問・回答は役に立ちましたか?

ウェブサイトのユーザーによる情報ポスト、JPQA.comのない保証の正しさ.

  • 随分前に付き合っていた外国人の彼が復縁したいだの連...
  • 本物の拳銃で殺そうと思い撃ったつもりが玉なしだった...
  • クーリングオフの制度は契約日が起算日になるのか受け...
  • 私が住んでいる借家(一軒屋)が火事になりました。 ...
  • 自分の家の2台分の駐車スペースのうち1台分を、会社...
  • かねてから知り合いだった既婚の女性と2人でお酒を飲...