質問:
源泉徴収票の税務署提出用の「整理番号」にはなにをいれますか?
また、提出する税務署によって署番号、整理番号は変わりますか?
答え:
給与、報酬等の支払者は、支払先の住所、氏名、支払金額等を記載した書類(源泉徴収票・支払調書)を所轄の税務署に提出しなければなりません。
これらの法定調書は、その年中の支払分を取りまとめ、合計表とともに翌年の1月31 日までに提出することになっています。

■主な法定調書には次のものがあります。
・給与所得の源泉徴収票
・退職所得の源泉徴収票
・報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書
・不動産の使用料等の支払調書
・不動産等の譲受けの対価の支払調書
・不動産等の売買又は貸付のあっせん手数料の支払調書

■法定調書の作成と提出に当たっては次の点にご注意ください
・法定調書の提出枚数は、原則として1 枚です。
・郵送による提出で、税務署の収受印を押印した法定調書合計表の「控」を必要とされる場合には、控用と返信用封筒(宛名を記載し、切手を貼付したもの)を必ず同封してください。

『・法定調書の下の「署番号」「整理番号」欄には、合計表右上にプリントしてある「署番号」「整理番号」をそれぞれ記入してください。』

・提出すべき法定調書がない方については、お手数ですが合計表の「摘要」欄に「該当なし」と記載の上、提出してください。
・給与所得の源泉徴収票(税務署提出用)と給与支払報告書(市区町村提出用)は、複写式で作成できますが、提出先を間違えないようにしてください。
補足の質問:
ありがとうございましたこの質問・回答は役に立ちましたか?

ウェブサイトのユーザーによる情報ポスト、JPQA.comのない保証の正しさ.

  • 全治1週間の傷害暴行事件では民事裁判になった場合...
  • 父、母、姉、私の家族ですが、父が代表とした場合、...
  • 友人が住宅ローンを申し込んで来たらしいのですが、全...
  • 子供を自転車で保育園に連れて行く途中、車に引かれそ...
  • 教えて下さい!!ケータイを無くしてしまったよう...
  • 遺産問題でお尋ねします。私は非摘出子です。父...