質問:
民事訴訟法55条3項の制限は書面でする必要があるのかお教えください。
答え:
訴訟代理人の権限は、書面による証明が必要なこと(民事訴訟規則第23条第1項)に照らし、訴訟代理権の制限も、書面で明らかにする必要があると解されます。手続の安定は、いずれの場合にも要請されるからです。

民事訴訟規則第23条
〜幣拌緲人の権限は、書面で証明しなければならない。
∩姐爐僚駝未私文書であるときは、裁判所は、公証人その他の認証の権限を有する公務員の認証を受けるべきことを訴訟代理人に命ずることができる。
A幣拌緲人の権限の消滅の通知をした者は、その旨を裁判所に書面で届け出なければならない。
他は答える:
この質問・回答は役に立ちましたか?
答え:
ないです。

民事訴訟法55条3項ですよね?
そもそも「訴訟代理権は制限できない」という規定です。
例外的に、弁護士ではない者が訴訟代理人に指定される場合に限っての、「但書き規定」がついているのです。
この場合の制限は、すでに法律その他法令で定められているので、書面で行う必要はありません。

ウェブサイトのユーザーによる情報ポスト、JPQA.comのない保証の正しさ.

  • カテが違ってたらすみません。我が家の賃貸マンシ...
  • 知人にお金を貸して、借用書があるのですが、その知人...
  • 10年も前に祖父が亡くなり、相続も済みました。そ...
  • 日本の軍歌って著作権切れてるんですか わかる方教え...
  • 離婚調停について質問です。夫が申し立てし、私(妻...
  • 街中やスパーにはクリスマス商戦が始まりましたが、売...