質問:
3年前ぐらいに知り合いにお金を貸し、半年間行方不明になり、見つけた時には、自己破産を開始しました。いろんな弁護士さんに聞きましたが、自己破産は1回目だったら、まず天下無敵です。どうしょうもないですよ。と教えてもらいました。いろいろ頑張り、大阪高裁にも、言いましたが、無理でした。もう2年ぐらい経ちますが、いまだに腹が立って収まりません、夜も想い出すと寝れません。なんとかなりませんか。なんとかしてやるとゆう弁護士には、気お付けなさいとまで、弁護士がゆってましたが。
答え:
自己破産で免責が決定してしまうと、まともなサラ金でさえ諦めますので、あなたもあきらめるしかありませんね。高い勉強代ですが、人を見る目がなかったということです。「なんとかしてやるとゆう弁護士には、気お付けなさいとまで、弁護士がゆってましたが」と言うのはその通りですね。その人から取り立てるから、取り立て費用をまず払え。。と言われ、払った分が返ってこないのがオチです。
他は答える:
破産制度の趣旨は、
〆通骸圓虜盪催の適正かつ公平な清算を図るとともに、
∈通骸圓砲弔い瞳从兩験茲虜得犬竜_颪粒諒櫃鮨泙襪海函
を目的としています。

自己破産して、「免責決定」を受ければ、それまでに負った債務は「法律上
返す義務が無くなる」のです。

義務の無い事を法律上強制出来るはずがありません。
払う義務の無い借金を脅して払わせようとすると「恐喝未遂罪」になります。

諦めるより、他に如何ともしようがありません。

ウェブサイトのユーザーによる情報ポスト、JPQA.comのない保証の正しさ.

  • 手袋は手にかぶせるから手袋でしょう?靴下はなぜ靴...
  • 消費者金融でお金を借り友人に貸して逃げられたと5月...
  • 法律に詳しい方に質問です。よくヤフオクに明らかにコ...
  • 裁判において、黙秘権を使うことは、有利なの?不利な...
  • 少額訴訟を起こすので、手続きの為に簡易裁判所に行き...
  • 親戚が亡くなり、その方は家族が居ないという事で財産...