質問:
労働関係の質問です。

自己都合により退職の間近な従業員が、有給休暇を消化すべく申請したところ、会社側に、業務の繁忙を理由に却下された場合、この従業員はどのような措置をとるのがいいですか?有給とるのをあきらめるしかないですか?

日程的に、退職日までのほかの日に変更する余裕がないとしたら...

アドバイスと、関連する法令のリンクなどございましたらお願いします。
答え:
一方的に却下するのは出来ません。
取得の時期の変更を求める事は出来ますが。

詳しくは下記サイトを参照してください。
他は答える:
有給休暇について使用者は時季変更権というのがあります。
労働者が有給をとるのは当然の権利ですが、多忙な時季であれば経営がなりたたないため、別の時季に有給をとるようにさせることができるのです。

しかし、退職をする場合は変更の余地がありません。
よって、時季変更権なんぞ使えません。
有給はすべてとってください。


また、使用者の義務ではありませんが、使用者が認めれば有給の買取をさせることができます。使用者が「有給を使われたら迷惑だ」と思っているならば、「じゃあ買い取れ。買い取らないなら退職日にあわせて有給を使い切る」と言えばいいでしょう。

有給を使い切るのは当然の権利です。
他は答える:
労働関係は別のカテゴリの担当です。

時季を変更する余地がない場合、時季変更権は使えません。
このことは労働局のサイトで説明されています。

労働局に指導・助言を求めるなり、労働組合で団交するなり、裁判を起こすなり、ご自由に。

ウェブサイトのユーザーによる情報ポスト、JPQA.comのない保証の正しさ.

  • よく、懸賞などで、景品の発送をもって、当選とします...
  • 静かな住宅街に 居酒屋が出来ました。お店を建てる...
  • 私は結婚されてる女性とお付き合いしていますが、それ...
  • 質問します。所有しているビルを売却する場合、所有者...
  • 不法行為に基づく損害賠償請求権の3年の消滅時効と2...
  • 自動販売機でお金を入れたのに商品が出てこなかった時...