質問:
借用書等、何も残さず、口約束だけで
貸し借りしたお金は、返さなくて逃げても
誰からも取り立てられませんか?
お金を取り戻すには何か方法はありますか?
借りている側の銀行のキャッシュカードと暗証番号は手に入りますが、
残金が何十円しかありません。
答え:
借用書は証拠となる紙切れに過ぎません。
お金の貸し借りがあった時点で消費貸借契約は成立します。
返済期限を特に決めていなければ、「返してくれ」と言ったときが返済期限です。

取り戻す方法はいくつか考えられますが、実際に貸した証拠がなければ法的に争うのは難しいです。貸したときにいた証人でもいい。銀行振り込みならばそれがそのまま証拠になります。また、大きな金額を貸したならば、その直後にどこかの店舗で大きな買い物をした場合、それが証拠になることもあります。もちろん借用書よりは証拠としての能力は劣ります。


銀行のキャッシュカードと暗証番号が手に入る?
手に入れちゃいけません。単なる犯罪者になります。
ただ、その人に資産が入り、その銀行にあとから入金された場合、口座を差し押さえるのに便利です。どの銀行のどの支店に口座があるかは、調べなければなりませんから。

いずれにせよ、返すお金がない人から返済をさせることは不可能です。;
他は答える:
(1)借りた物は、返すのが当たり前です。(民法587条・1条の2)

(2)進んで返さない場合は、「支払え」という内容の判決等の「債務名義」(民事執行法22条)を得た後、「強制執行」手続(民事執行法43条〜167条の14)を行って回収するという方法がありますが、相手の「自白」(民事訴訟法179条)も「証拠」も無いというのでは、裁判官は「支払え」という判決のしようがありません。(民事訴訟法247条・253条)

(3)「返せー、返せー」と「恐喝」(刑法249条)にならない範囲で「請求・督促」して任意の支払いを待つか、債権者が債務者に対して別途負っている債務があれば「相殺」(民法515条以下)するか、しかありません。(合法的には。)
他は答える:
口頭の約束でお金を貸したみたいですが、
今の時代、借用書があっても返してくれないやつが多いのに。
きちんとした借用書や一筆書いて貰ってる紙があれば
それなりの事は出来るのですが、
相談内容だと無理に等しいと思います。
(怖い人に頼んだらいけるかもわかりませんが)

それと、他人のキャッシュカードなど預かったりしてはいけません!
それは預かったとしても犯罪です(><)

ウェブサイトのユーザーによる情報ポスト、JPQA.comのない保証の正しさ.

  • オレオレ詐欺の被害が減らないところを見ると、自分で...
  • 自転車同士で接触事故をおこしました。私は左側通...
  • 私は非摘出子です。父は、私が産まれることを望み、...
  • 日本で一番怖い刑務所、、、教えて。(いろんな意味で)...
  • 質問します。‥霙梓錣枠蛤畊坩戮砲覆襪隼廚ぁ携帯...
  • 昨年、私(車)が前方車の減速に合わせて減速中、後続...