質問:
質問させていただきます。道幅が4mしかない道路の見通しの悪いカーブで、
相手の車が減速してこなかったので原付に乗っていた私は急ブレーキを踏みました。
ちょうど雨の日でしたのでそのときスリップして転んでしまいました。相手の車には当たりませんでしたが、
警察にきてもらい事故証明書を作成してもらいました。翌日に相手の保険担当者からこちらには一切の
過失はないと通告してしてきました。当らなかったら過失は無いんでしょうか。教えてください。
答え:
別冊判例タイムズ16「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」2245ページ、172・173を準用すれば、本件の基本過失割合は貴方に40%です。

これは見通しの悪いカーブの中央線寄りを相手車が進行してきたことを前提条件で説明しています。幅員4mの道路ですから中央線は引かれていません。
この場合は、潜在センターラインを想定しています。

貴方は危険を感じ、急制動に及びました。
結果、スリップ、転倒となったのですが、相手車との接触はありません。
この事実を修正の要素にして、貴方に+10%の加算修正とします。
結論として、本件の過失割合は5:5となります。

過失割合が5:5では、基本的に任意保険の支払いは厳しい状況ですが、こちらに一切の過失はないとの保険屋さんの主張は明らかに間違っています。
人身事故であれば、相手の自賠責保険に請求が出来ます。
保険屋さんのごまかしにへこたれてはなりません。

以上です。

交通事故110番 宮尾 一郎
他は答える:
残念ですが相手の言うとおりです。
つまり証明できないのです。
可能性があるとすれば相手のドライバーがあなたの言い分を認める場合しかないです。
とぼけられたらどうしようもないです。
接触があるとそこで時間を止めることが出来ます。接触した瞬間双方の車がどのような位置でどのような状態であったのかがわかります。しかしこの場合貴方の時間が止まったのは貴方が転んだ時です。其の時相手の時間は止まっていません。つまり転んでまで避けなければいけないほど切迫していたのかも証明することが出来ないんです。
車同士でも危険を感じて片方が接触する前に田んぼに突っ込んだとします。
後で現場検証をして、これをわき見運転で田んぼに突っ込んだ場合と見分けがつきません。
他は答える:
充分に相手側に過失があります!
しかし相手が道路の見通しの悪いカーブで、相手の車が減速してこなかった
ので貴方が急ブレーキをかけスリップして転んだと相手が認めなければ
証拠がないので保険は、おりない可能性が高いです。
目撃者がいたりすれば話は別です。
目撃者や証人がいたりその現状にカメラなど設置されていませんでしたか?
それだったら確実に披見はおります!
他は答える:
昔は無接触事故はあり得ませんでした。

今はあります。相手に過失もあります。が、貴方は相手の車が減速してこなかった、こちらにはみ出していたことを証明しないといけません。ビデオでも回っていれば別ですが、無接触では証明はきわめて困難です。

貴方が嘘をついていないという物証は、多分どこにもありません。
他は答える:
事故証明書があるのなら相手の自賠責保険の会社名と登録番号が記載されていますので被害者請求してみては如何ですか。但し、怪我をしていればの話です。

ウェブサイトのユーザーによる情報ポスト、JPQA.comのない保証の正しさ.

  • 外から見て明らかに「心神喪失」状態の人が、訴えを起...
  • 公共料金などの口座引き落としは、どのようにして口座...
  • 離婚について質問です。離婚したがっている友人から...
  • 万引きを見つけたらどう対処しますか。昨日娘が、ス...
  • 抵当権のついているマンションの名義を変更することは...
  • 運転中の携帯使用が禁止となり罰則の対象になっていま...