質問:
「実費」というのは、”交通費全額支給”で、毎月の1ヶ月の定期券代の支給のことなのか、通勤した日にちの分だけの交通費支給なのか、どちらなのでしょうか?求人票に「実費(上限なし)」と記載されている場合、やはり交通費の安い応募者の方が有利なのでしょうか?それでもとにかく採用をいただきたいと思える会社で1ヶ月の交通費が三万を超える場合、面接で、「一部自己負担しても構いません。」と申した方がよろしいのでしょうか???
答え:
う〜んなかなかきわどいところですね・・
普通、正社員は週5程度は働くので定期代支給になります。

会社によって制度は違いますが、申請経路の定期を現物支給だったり、
申請経路の定期代の交通費を実額支払いのどちらかでしょうね。

週3日未満だと定期代の元がとれないと思うので、そのような場合は
乗車券代の往復運賃×日数が実費支給されるでしょう。

交通費が安いほうが有利のような気がしますが、結局は会社に利益を
もたらしてくれそうな使える人材を選択しますよ!

そこで下手に1ヶ月数万円の交通費ケチっていい人材逃がすような人事
はダメ人事だと私は感じます。

通勤交通費自体が企業側としても、損金扱いでき利益を圧縮できるので利益部分とみなされず課税されないのでお徳ではあります。
他は答える:
この質問・回答は役に立ちましたか?

ウェブサイトのユーザーによる情報ポスト、JPQA.comのない保証の正しさ.

  • 来年の1/20付けで退職するのですが、1月は有休を消化...
  • 産休と育児休暇の違いはなんですか?ちなみに、そのお...
  • 工学部で情報工学を勉強している大学生です。将来の就...
  • 現代、転職はマイナスと見られておりますか?卒業...
  • 就学前のお子さんがいてパートされている方にお聞きし...
  • 栄養士の資格取得するためには学校に通わなければ受...