質問:
幸せ、不幸せは自分の心が決める事らしいですが、あなたは離婚・こどもに会えない・46歳・転職(収入減)・鬱病(通院費)・糖尿病(手足のしびれ)・一人・一日中誰とのも話をする事がない(仕事中も)・はげてる・こんな人生のどん底でありながら、人生を上向きにするにはことはできるのでしょうか?
答え:
100%満足な人生はありません。
みんなそれなりに外には見えない範囲でストレスを抱えています。 ただ、沢山のストレスや不幸が人生に有る時、人はそのストレスに追い込まれ自分の人生をより一層、暗い厳しい物にしていきます。

私は、人生、今ある状態は過去の自分の言動が起こした結果だと思っています。

沢山の選択が人生にはあり、それを自分の意思で決定します。 その結果が、今の人生です。 もし、自分の過去の失敗から招いた状況があるのならそれを改める事です。 そうすることによって、直ぐには改善できませんが、じょじょに変わってきます。 又、自分の経験を生かし、人を助ける事です。

又、上記とは別に、どんなに良い人にも苦難が人生に訪れます。 その時、それにうずもれて生きるもの貴方の選択。 逆に、それから学び、強くなル努力をしながら生きることも貴方の選択です。 (例: ガンになって片足を切断後、余生を数年と宣告された20代男性が、自分の国の横断のマラソンを始めました。 それが注目され、取材からの費用や寄付された基金を、同じガンの研究の為に全額寄付しました。 実話)

自分で前向きに生きられないと時は、プロの手助けを受けるとき。
虫歯を自分でなおせないのと同じで、心の病気も自分では治せないことがあります。 少なくとも、正しい治療とカウンセリングがあると「ポジティブに生きること」とは、どんな事ががわかってきます。

不満観、ストレスに うずもれて生きるのも、貴方のチョイスです。
他は答える:
何かチョット前の自分の事のようで・・・

体の中のリンパの流れが滞っていたり、経絡の乱れが原因らしいですよ。

もう少しすると体の弱いところに激痛が起こります。
病院を転々としましたがたどり着いたのは「生源流」でした。

修復中ですがチョット元気になりましたよ。

ヨガとか、スポーツジムとかとにかく使い続けた体をメンテナンスしてあげる事が大切みたいです。

子供には会えるように努力したほうが良いでしょう。
他は答える:
心が決めていると仰いますが、貴方自身その状況をどうしたいかという事は
お考えですか?

客観的に見て、貴方は貴方をどう思いますか?
もし、こんなの嫌だと思うのでしたら、変える努力をしていますか?

何故離婚をし子供と会えないのか・・ どうすれば解決するか?

46才の転職 それはどうしてそうなったか・・ 繰り返さない為には?

鬱病の原因 糖尿病の原因 生活していく上で何が原因だったのか?

はげている どうすれば髪が増えるか、 最後はかつらだってある。

今は、どん底かも知れないですが、そこからは、はい上がるだけです。
それが人生ではないでしょうか?
今の状況が、どん底という事は、あなた自身にも原因があるのですよ。
あなたが、今のどん底の人生を作ってしまったんです。
それば、どうしてそうなったかという原因を考え、反省し
自分の思う通りの人生に転換していけば良い事です。
カッコイイ、ちょい悪おやじにでもなって、新たの人生を踏み出してみては
どうでしょうか?

それが、"自分の心が決める事"です。
自分さえ決意すれば、いつだて遅くはありません。
それは貴方次第で可能なのですよ。
他は答える:
まだ46歳ですよね。

仕事もありますよね。

糖尿病、うつ病、大変ですね。食事は、コンビニ弁当と飲酒ではありませんか?大病の元ですよ。一汁三菜を心がけてください。好きなものだけ食べないで、食事制限があるのなら、それを守って。

今までを追及しないで、趣味の会やボランテイア、スポーツなどにいってみたらどうです?楽しいことは自分で探し出すのです。熱中できるものがある人は魅力的です。新しい出会いもあるかもしれません。

その年齢になれば、はげても当然でしょう。

周りを基準にしても仕方がないでしょう。人生様々なことがあるのです。
あなたが、自分で、そこから出発するのです。それよりほかに本当にないのですよ。
他は答える:
可能ですとも!収入のない人や、難病で体が動かせない人も、生きがいを見つけている方はたくさんいます。
はげだって、すべての人が嫌いなわけではないし。
人間は外見だけで決まるものでもないですし。
子供、家族と死別した人もいます。上を見たらきりがない。
まずは鬱病を治して、残りの人生を楽しく過ごせるといいですね。
他は答える:
上向きにしようとして行動をしなければ、何も変らないかもしれないですね。

上向きにしたいのならば、その目標やら希望をいつも掲げることですね。
上向きになっていきたいという、願望や希望なくして、
どん底からはいあがるのは、かなり無理かと・・・

人ってどんな時でも希望を抱けると思うんですょね。
その人の心次第で。
だから、心次第で悪いことから良いことまでできるのが人間だと思うし。

イラク戦争中の時の人なんて、人生のどん底どころじゃないでしょうね。
きっと。
家も爆撃でなくなり、いつ自分の上に爆弾がおちてきてもおかしくない。
家族が皆死に、友達も殺された。
でもそんな中で生きていても、希望っていうものを忘れない人がいました。
(NHKの放送より)
日本だって、戦後、大不況の中であっても今ここまでコレたのって
人が、「こうなりたい」っていう希望を捨てなかったからだと思いません?

何歳か分りませんが、人生なんていつでもどうにでもなりますよ。
たとえ明日が死ぬと決まっていたとしても。
それに、心で人を選ぶ人もいるんですから。
希望さえ忘れなければ、(あと行動もして)必ず上向きになりますよ。
他は答える:
大丈夫です。
まだどん底までは行ってないと思います。

あなたが挙げている
『離婚、46歳、収入減、一人
誰とも話しをしない、はげてる』
は、別に気にすることはないでしょう。
どうってことないです。

子どもに合えないのは
かなり辛そうなので
どうにかして解決しましょう。
方法はあるでしょう。

うつ病は通院しているならいずれ治ります。
心配しなくて大丈夫。

問題は糖尿病だけですね。ちゃんと治療を受けて
食事に気をつけなければいけませんよ。
“人生のどん底”などと嘆いてる暇があれば
料理を勉強しましょう。
いい加減な食事をしてはいけませんよ。

ウェブサイトのユーザーによる情報ポスト、JPQA.comのない保証の正しさ.

  • この頃顔に細かいブツブツが出来てきました。夏前まで...
  • クリームファンデを使っています。BAさんが化粧直し...
  • 主婦の方もオナニーをしているというのは普通のことな...
  • カウブランド 無添加フェイスケアシリーズのクレンジ...
  • 35歳女性。血液型はAB型です。 私が中学生のとき、...
  • 化粧品に使われる界面活性剤は、原材料にはどのような...