質問:
独身男性にオーブンとトースターの違いを教えて下さい。
答え:
食品の火の通し方に違いがあります。

★トースター
食品の表面から火を通すので厚みのある物では、中心まで火が通るのに時間がかかります。火が通るころには表面は焦げます。
パンや表面を焼きたいときなどに適しています。

★オーブン
直火ではなく庫内の温度を上げて食品に火を通します。直火ではないので中心に火が通るまでに表面が焦げるということがなくなります。
肉物などに最適です。

例えとして適切かわかりませんが、体を温めるのにストーブで温めるのとサウナで温めるのの違いのようなもの?です!
こんな感じですが、伝わるでしょうか?
他は答える:
構造的には同じです。トースターはパン焼き専用の小ぶりのもの。オーブンは
大型で料理用です。ケーキや食パン、フランスパン、ローストチキンなど本格的
なオーブン料理が出来る。トースターとの違いは温度設定が出来180度で30分とすれば出来上がりまではなれられる。その間、別の料理にかかってもいいし他のことしても良いし休んでもいい。

ウェブサイトのユーザーによる情報ポスト、JPQA.comのない保証の正しさ.

  • 餃子がメインのおかずのとき、付け合せにするのは、ど...
  • タコ焼きにはタコが入ってますが、鉄板焼きには鉄板が...
  • 私は、肉マンが好きでコンビニで良く買うのですがこの...
  • おからって、豆腐を炒って作るもの・・・じゃないん...
  • 母の誕生日にお取り寄せのチーズケーキを直接送ってあ...
  • コンビニで、一番売れ筋の商品って、何でしょうか?...