質問:
卵をゆでました。
たまごをゆでたとき、黄身はかたまっているのに、白身自身がドロドロしていることがあるのはどうしてでしょうか?
答え:
黄身と白身では、凝固温度が違うからです。

黄身は68度、白身は73度で凝固し始める・・・
と学校で習いました。

この微妙な温度差が温泉卵を作り出すのですね。

卵って温度と時間が難しい食品ですよね。

卵を茹でたとき、黄身と白身の境目が緑のような茶色のような
色になること、ありませんか?

あれは加熱のし過ぎにより、鶏卵中のイオウと鉄分が反応を起こし、
硫化鉄を作るからです。

ゆで卵を綺麗に作るコツは、
水から入れて、沸騰して7分→火を止めて鍋にふたをして7分 デス。
補足の質問:
普通のゆで玉子より温泉玉子の方がおいしいのは不思議ですね。この質問・回答は役に立ちましたか?
答え:
白身と黄身の固まる温度の違いです。

低温で作ると、温泉玉子のように、白身だけがゆるく出来上がります。
他は答える:
黄身は65度あたりから固まり始めますが白身は73度〜75度あたりで固まり始めます。これを利用したのが温泉卵(温度卵)で常に65度〜68度くらいで茹でると黄身は固まり白身はドロドロの状態になりますよ。

ウェブサイトのユーザーによる情報ポスト、JPQA.comのない保証の正しさ.

  • 21才の男です。ビールが大好きで、飲み屋に行くと最初...
  • 餃子には、豚肉100パーセントと合いびき肉ではどち...
  • 最近ウイスキーにはまっています。お茶割りが大好きで...
  • スキムミルクを使ったことがありません。おいしい利...
  • ホテルで飲むコーヒーはなぜ高いんですか??よろしく...
  • 童謡「まっかな秋」に出てくる”からすうり”って、果...