質問:
ふと、不思議に思ったのですが、レンジでチンするときラップするのはなぜですか?どのような効果がありますか?ラップしないでチンするのとどう違うのですか?
答え:
ラップをするのは水分を飛ばさない為。
ラップをしないのは水分を飛ばす為。

例えばご飯をチンするときラップをしないでチンすると
カチカチになります。
揚げ物をラップしてチンするとふにゃふにゃになります。

先日、冷凍たこ焼きはラップをしないでチンしてくださいとあったので
いつもラップをかけてませんでしたが
子供がラップしてレンジをかけたら、たこ焼きがぺっちゃんこになりました。
試しながらやるのも面白いかも・・・と思います。
他は答える:
しない場合もありますよね。
私はラップするのは、しっとり仕上げ、しないのはカラッと仕上げと理解して使ってます。とりあえず、今のところははずれないですけどね。
他は答える:
水分の蒸発を防ぎます(俗に言うレンジ焼け)。ラップをしないとカチカチになります。ご飯かパンをラップ無しで必要以上にチンすれば判りますよ。
ちなみに、普通のチーズ(6Pチーズとか)を、あえてラップをせずにお皿に乗せてカリカリになるまでチンして食べるとすごく美味しいです。チーズせんべいって呼んでます。
他は答える:
水分が多く飛んで乾燥してしまいますので、ラップをして暖めます。

一度ご自分で両方を試してみて確認をされるとよいでしょう。

ウェブサイトのユーザーによる情報ポスト、JPQA.comのない保証の正しさ.

  • チューブ入りのおろし生姜やおろしニンニク等は便利...
  • 袋物のインスタントラーメンを作るときどんな具財を皆...
  • オージービーフのフィレ肉が冷蔵庫にありますが、簡単...
  • テレビで「クリームコロッケ」の料理コンテストをして...
  • 岩海苔と普通の板海苔とでは栄養は変わってくるもので...
  • レンモが1個残ってます。ハチミツれもん以外でレモン...