質問:
クリスマスに七面鳥を食べる習慣は、どうして生まれたのですか?

また、日本でも七面鳥を入手できますか?
答え:
七面鳥を食べるようになったわけは
中世のヨーロッパでは、ご馳走といえば、ブタ、イノシシ、
羊といった家畜の肉でした。
ブタやイノシシはもともと野生でしたが、
だんだん家畜として飼われるようになっていきました。
1492年にコロンブスがヨーロッパ人としてはじめて西インド諸島を発見した後、
ヨーロッパからアメリカ大陸に移住が始まりました。
が、住み慣れない土地では、そうカンタンに豚を飼育することができませんでした。
そこでヨーロッパの人々は、野生の七面鳥に目をつけたのです。
アメリカ大陸に渡ったヨーロッパ人の間で生まれたこの習慣が、
ふたたびヨーロッパに伝わり、
感謝祭やクリスマスに七面鳥を食べるようになったそうです。

七面鳥はデパ地下やネット、もしくは近所にお肉屋さんなどがあれば事前に
お願いしておけば購入OKです♪
補足の質問:
BA悩みました!
お二人とも本当にありがとうございました。この質問・回答は役に立ちましたか?
答え:
『クリスマスに七面鳥を食べる習慣は
アメリカからヨーロッパへ逆輸入されたものだという。

1620年にイギリスからアメリカへ移り住んだピューリタン(清教徒)が
初めての収穫祭に、野生の七面鳥を食べたことがヨーロッパへ伝わり、
クリスマスのメニューとして定着していったといわれている。』
だそうです。

七面鳥(ターキー)、日本でももちろん入手できますよ。
ネット上通販なら簡単に。
大きめの輸入食材などを扱うスーパーなどでも時期を問わずに見かけます。
もちろん冷凍されたものがほとんどですけれど。

私の中での七面鳥は詰め物をしたロースト。
お約束はクランベリーのソースです^^
そろそろクリスマス気分、盛り上がってきますね?

ウェブサイトのユーザーによる情報ポスト、JPQA.comのない保証の正しさ.

  • 20年位前のカップのアイスクリームで、価格はたしか60...
  • バイキングに行けばついつい元をとろうと思って頑張っ...
  • 七味唐辛子の中には7種類のものが入ってるんですよね...
  • 居酒屋さんで、落ち着いて、楽しみながら飲むのは、ど...
  • コンソメスープを作るのに何か物足私はコンソメスープ...
  • 餃子は蒸して作れますか??よろしくお願いします。。...