質問:
歯科治療で保険の利くものと利かないものがありますが、はっきり解かるサイトはありますか?教えてください。
答え:
まず保険・健康保険と言う制度はですね、あなたが健康保険に加入しており、その歯科医院が健康保険を適応であり、かつあなたが健康保険を使った治療を望む場合に成立する、いわば個別の「契約」なんですよ。

従って、健康保険に加入していない人は、いかなる治療をしても自費になりますし、その歯科医院が健康保険医でなければ保険は全く使えない事になります。
こういう仕組みを理解しないと、トンデモな回答をしてしまうもんですね〜(^○^)

よく、安い保険で数年でやり治せばよいと言う考え方をする人がいます。
しかし、歯科での自費の治療は、その金額のほとんどは技術料なんですよ。
貴金属や技工の金額など、本当に微々たるもんです。
健康保険とは比べるべくも無い高精度な・かつ高レベルな治療が自費では可能になるのです。

従って、保険で行える・保険が効く処置であっても、自費でしたいと言う患者さんもおられるのですよ。
単に材質的な問題としか保険の適否を見ないと、結局は患者さん自身が損をする事になりますね。

さて、最も一般的な場合・通常の場合は、全ての歯科「治療」は健康保険で可能です。
健康保険はあくまで「疾患」に対する「治療」が目的です。従って「美容」が目的であるとされる治療には健康保険は適応できない事になります。
前歯のセラミック等を使った差し歯やインプラント等が最もわかりやすいと思いますが、歯並びの矯正も美容目的とされ、保険は使えない事になるのです。

また 健康保険特有の考え方・ルールによって、同じ治療でも保険の効く場合と効かない場合があります。
ブリッジの適応等、歯科医学的に妥当と判断されないような治療は、保険適応にならない事も多いと言えます。

さらに、材料差額や特定療養費、混合診療等の問題があり、保険が効く効かないを 単純にわかりやすく説明する事は非常に困難と言わざるをえません。
下記に差し歯・詰め物等のみ、まとめた物を紹介しておきます。
補足の質問:
詳しく教えていただき感謝いたします。この質問・回答は役に立ちましたか?
答え:
歯科治療で健保が利かない治療はインプラント程度で全ての歯に健保を
適用することが出来ます。つまり義歯であればその材質などで適用外となる
だけの話です。歯科以外で健保を適用しない治療はごく少数であり何故
歯科は保険が利かないと平然と誰にでも言うのかは自由診療であればその分
値段が勝手に決められるということになります。今の時代多少の貴金属が
入っている入っていない程度で大きく耐用年数が違うとは考えられずさらに
ドクターの技術も適用、不適用でその差もないのです。ですので噂で前歯は
利かないなどと昔は言われていましたがそんな事実はどこにもありません。
健保が利く利かないで治療費は数倍以上軽く変わりそうであれば健保適用で
数年後とに直せば良いのです。そのようなサイトは上記理由によりありません。

ウェブサイトのユーザーによる情報ポスト、JPQA.comのない保証の正しさ.

  • どうすれば上司や同僚と会話するのに緊張しませんか?...
  • 年末調整についての質問です。68歳で障害者1級の父...
  • 1円玉1万枚分の製造コストは、1万円を超えますか?...
  • 中3・15歳です。現在、貯金が20万円位あるのですが...
  • 税について全く無知なので教えてください 私はサラリ...
  • 主婦には、主人に内緒で買っちゃった!!てものは必ず...