質問:
『一生に一度しかない人生、
起業しない手はない』と言ってる人が居ましたが、
その通りだと思いますか?
考え方は人それぞれですが・・
答え:
その意図が全く理解できません。
起業後の運営方法等、抑えるべき点が見えず、
流行、ギャンブル意識で起業するなら、
その結末は明らかです。

様々なことを身につけ、
また、貯蓄がしっかりでき、
しっかりとしたビジョン、実行性があり、
結果に対し責任が取れるる方なら
起業しても先はあるでしょう。

それぞれ得手不得手があり、
だれしも起業する必要があるか、
といえば疑問です。
他は答える:
勿論人それぞれです。
性格的にサラリーマンが向いている人もいますし、
経営者として能力・商才など、皆が持ち合わせている訳ではありませんからね。

一生に一度しかない人生、起業しない手はない・・・
言ってる意味は解りますけど、言うは易しで現実は困難の連続で苦労してます。
他は答える:
お金やチャレンジ精神、やりたいことがあればそれでもいいですが、自分は平穏な家庭を築いて子供をどうこう、とか考えている人であれば、別に起業も何も関係ないと思いますけどねぇ…。

ウェブサイトのユーザーによる情報ポスト、JPQA.comのない保証の正しさ.

  • どんなお店に行っても、店の人にやたらめったに話しか...
  • 先ほどお札のことで質問しましたが次は硬貨の事で質問...
  • 景気指数が、下方修正されました。 これは、庶民...
  • 現在、イートレード証券を使っていますが、手数料のこ...
  • 明日の福井総裁の発表は何時からあるのでしょうか?教...
  • 地方自治体からのお仕事(翻訳)を受け、送られてきた...