質問:
MTの車って、昔はいっぱいありましたよね。
今では、安い車とスポーツカーしかないって、言われたのですが
何故、高級車とかには、無いのですか?
MT車にメリットはあるのですか?
答え:
運転手の好みを別にしたら。

昔はATの性能が悪かったので、MTの利点が多々あったのです。
燃費がよいとか、値段が安いとか、信頼性が高いとか、乗り心地が良いとか。
でも、今のATは性能が上がりましたからね。もうすでに、MTには利点が無くなってしまったのですよ。

いまや、大半の車にとっては、MTを設定する理由がないのです。
高級車にMTが無いのも、同じ理由です。

技術の向上で古い機構が駆逐されるのは、今に始まった話ではありませんし。



まぁ、そうは言っても、まだMTのほうが値段が安いですね。
少しでも安い車を欲しがる人は、MTを選ぶかもしれません。
あと、特にお年寄りに多い、ATアレルギーの人とか。

スポーツカーにMTがあるのは、「機械任せにすること」がスポーツカーの存在意義自体を否定しかねないからです。
スポーツカーに求められるのは、機能ではなく、運転する楽しみ、です。そのためには、運転手が少し忙しいくらいのほうが都合がよいのですよ。

逆に言うと、MTの利点はもう、それくらいしか残っていない、ということでもあります。
他は答える:
ATの需要が高いからでしょう。
高級車に乗るような人はゆったりと運転したいので、
わずらわしいシフトチェンジなどはしないってことですね。

MT車の方が運転している気がする!と言う人がいるように、個人的な趣味の問題です。MTだと運転のうまい下手がわかりますよ。
他は答える:
それは勘違いです。
高級なスポーツカーにもMTはありますよ。
他は答える:
免許制度の変更が影響しているのかもしれませんね。昔は普通免許を取得する際にはMT車を必ず運転させられる上に「最初はMTに乗った方が良い、AT車はいつだって乗れる」様な、今考えると変な概念があった気がします。それが、AT限定免許の登場でMTに乗らなくても免許を取得する事が出来る様になり、MT独特の感覚(楽しいか面倒くさいかは人それぞれですが)を知らない人が増えてしまいました。で、結果としてAT車の需要が一層加速してしまいました。そして、自動車業界としては採算が取れない(多くの販売台数を望めない)車種のMT車を徐々に廃止していったのです。
御質問にある高級車は正にこのケースです。逆に、スポーツカーはMTの販売比率が高いので多くの車種にMTが残っています。そして安い車(小さい車)は以前にMT車を乗っていた年配者の方が自分の運転技術の衰えや生活スタイルの変化により小さい車に乗り替えるケースも多いので残っています。
MT車のメリットと言えばATに比較して燃費が良い、自分でギアを変速する事による車との一体感を楽しめるといったとこでしょうか?
他は答える:
僕はMT車ですよ。ATは両手が常に使えるから確かに便利です。でも、下り坂でエンブレの力が足りなかったり、自分の思うような運転ができないからです。

それに最近、コンビニなどでアクセルとブレーキを間違えて店に突っ込むという事故ありますよね。これもAT車はアクセルとブレーキ二つだけで、しかもアクセルだけで動いてしまうからです。ドライブにしてブレーキで止まってようと思って踏んだらアクセルだったということですね。MTはクラッチがありますし、ギアを入れない限りは動きません。
他は答える:
高級車の目標は乗り手の負担をいかに減らすかです。
そうなると真っ先に無くなるのはシフト操作。

高級車においては車の速さは二の次です(だから重い高級車はサーキット
では遅い)。

速さを求める人は軽量で、少ない排気量にも係わらず速く走る
ことができるようMTで運転する必要があります。
他は答える:
MTに、もうメリットがないですから…変速と運転を楽しむ位かな?
もちろん、短距離でね!(くだらないシフトチャンジがしたくないし)
F1ですら、セミオートマだし、MTの利点はほとんど無いですね!

大人の乗り物は、AT
小僧のおもちゃは、MTって感じですね!
別なところでは、趣味で、高級スポーツカーを運転する人は、少ない時間をMTで楽しむってのが優雅な感じだと思います。

高級車にないのは、MTは、趣味の車かちょこまか走る小僧が乗る車だからです。
高級に無駄な操作は、必要ありませんからね!
優雅に運転してこそ、21世紀の車です。
他は答える:
ニーズがありません
安い車とは 営業車 社用車 のことと思われます
でも これが スポーツカーの大きな要素である 結構 楽しく走ることが出来る車であることが 少なくないようで。。。。。

昔の小型乗用車は小排気量仕様が多くエンジン回転数で力を得るべく乗り手を選ぶMTの存在価値も在ったのですが
近年の高性能高級普通自動車?は快適な空調のもとトルクフルでスマートに走行するライフスタイルの時代なのでしょう
ATベースのシーケンシャルシフトでMTモドキのニーズに対応 売れない仕様を生産するメリットは無い と判断しているのでしょう

私自身は 小排気量 最軽量 最廉価MTスタンダード社用仕様車を
勝手にDOHC フュエールインジェクション ABS エアーバック付 衝撃吸収構造ボディー エアコン付き 近代ライトウエイトスポーツ気取りで堪能しています
シフトフィールの悪くないZFのMT搭載スポーツ4WDも所有していますが 絶対的動力性能 高品質な加速感はともかく 常用速度域でさえMT必須の安い貧乏人のスポーツカー?の前では影が薄いようにすら感じています

ウェブサイトのユーザーによる情報ポスト、JPQA.comのない保証の正しさ.

  • 軽自動車で合体できるシステム作ったら、売れるのでは...
  • よく軽自動車での遠出はきついって言いますが、具体的...
  • スーパーカブのチェーンはある程度錆びが出てきたら交...
  • 既製品のFRP製の製品(ビキニカウル、アンダーカウ...
  • 中古車を買う場合のデメリットとはどういうものがある...
  • 4tトラックは普通自動車免許で運転できますか???...